読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意表を突いても勝てない

サンムーンでたら頑張る

【ORAS】メガライボルトの調整メモ【シングル】

f:id:kidd5566:20150115102144j:plainf:id:kidd5566:20150115102134j:plain
メガライボルトの調整案が幾つかあったので整理する目的で記述

1.HSベース(A182地震耐え)
2.HSベース(A200地震耐え)
3.CSぶっぱ
4.ひかえめCSベース

技構成についてはあとで記述

1.HSベース(A182地震耐え)
テンプレ型とも言われている有名な調整です。

性格:おくびょう 持ち物:メガストーン
努力値:H108B24C140S236
実数値:159-*-83-143-80-170
メガ後実数値:159-*-103-173-100-203

•調整先
H16-1
無補正ガブリアス(182)の地震威嚇込み確定耐え
特化はちまきファイアローブレイブバードを威嚇込み30.1%~35.8%(69.3%で3耐え)
メガ前でガブリアス抜き
メガ後でオンバーン抜き(メガゲンガー抜き抜き抜き)

•ダメージ計算
H252振りマリルリ(207-100)に10まんボルトが85%~101.4%(6.3%)
D4振りメガリザードンY(153-136)に10まんボルトが86.2%~101.9%(6.3%)
H252振りスイクン(207-135)に10まんボルトが63.7%~75.3%
H252振りメガゲンガー(167-115)に10まんボルトが45.5%~54.4%(53.5%で確定2)
H252振りファイアロー(185-89)に10まんボルトで確定1
H252振りナットレイ(181-136)にかえんほうしゃが97.2%~114.9%(75%)
HD特化ナットレイ(181~184)にオーバーヒートて確定1
H252振りシールドギルガルド(167~170)にオーバーヒートが61%~71.8%(2発目は29.9%~35.9%)
D4振りガブリアス(183-106)にめざ氷が83%~98.3%
D4振りメガボーマンダ(170-111)にめざ氷が84.7%~101.1%(6.3%)


•メリット
ほどほどの火力、耐久、素早さの両立
特にかえんほうしゃナットレイをいい乱数で持っていけるのは強い
•デメリット
ガブリアスを意識しているのにもかかわらず1撃でもっていけず、いじガブだと落とされてしまう。(いじスカガブには無償突破されてしまう)
火力が微妙に足りていない(仮想敵を確定1では倒せない)

2.HSベース(A200地震耐え)
どうせ確定1にはできないので火力を抑えて耐久を増やしサイクル戦に備えた型


性格:おくびょう 持ち物:メガストーン
努力値:H236B4C4D12S252
実数値:175-*-81-126-82-172
メガ後実数値:175-*-101-156-102-205

•調整先
H16n-1
特化ガブリアス(200)のじしん威嚇込み高乱数耐え(93.7%)
特化はちまきファイアロー(146)のブレイブバードが威嚇込み28%~33.1%(確定3耐え)
H252振りのファイアロー10まんボルトが97.2%~114.5%(81.3%)
ダウンロード意識のD>B
最速

メリット
メガガブ以外のガブリアスに無償突破されない。
ガブ抜き調整やメガゲンガー抜き調整を抜く最速(進化前で準速メガボーマンダと同速)
多少の後出しがきく(被ダメは別記事に)
デメリット
圧倒的火力不足(与ダメは(ry

3. CSぶっぱ

性格:おくびょう 持ち物:メガストーン
努力値:C252D4S252
実数値:145-*-80-157-81-172
メガ後実数値:145-*-100-187-101-205

•調整先
最速
ダウンロード対策のD>B

•ダメージ計算
H252振りマリルリ(207-100)に10まんボルトが92.7%~110.1%(50%)
D4振りメガリザードンY(153-136)に10まんボルトが91.5%~109.8%(50%)
H252振りスイクン(207-135)に10まんボルトが67.6%~81.1%
H252振りメガゲンガー(167-115)に10まんボルトが50.2%~59.2%
H252振りファイアロー(185-89)に10まんボルトで確定1
H252振りナットレイ(181-136)にかえんほうしゃで確定1
HD特化ナットレイ(181~184)にオーバーヒートて確定1
H252振りシールドギルガルド(167~170)にオーバーヒートが64.6%~76.6%(2発目は33.5%~39.5%)
D4振りガブリアス(183-106)にめざ氷が87.4%~104.9%(31.3%)
D4振りメガボーマンダ(170-111)にめざ氷が91.7%~108.2%(43.8%)


メリット
メガゲンガーが確定2になる
乱数1の範囲が増える
4倍竜へのめざ氷の乱数が良い
かえんほうしゃでH252ナットレイを確定1にできる

デメリット
耐久が低いため後出ししづらい
乱数1のため結局他でのサポートや削りがいる。

4. ひかえめCSベース
こちらのブログを参照
【ORAS】環境意識控えめメガライボルトの調整 : ポケモンマスターに俺はなる!
•メリット
火力と耐久の両立
•デメリット
進化前はガブリアスより遅い




最後に
炎技(かえんほうしゃ)orまもるについて
ギャラボルトで他に炎ポケモンを採用しているとします。
かえんほうしゃのメリット
 ナットレイを見ても炎ポケモンの選出をしなくてもよい。
終盤の抜き性能の向上(電氷炎の受けづらさ)
環境にナットレイが増えている。

•まもるのメリット
サイクルを回す中で様子見ができる
威嚇だけ入れて引くことができる
106~134族を抜き返すことができる

今のところ僕はかえんほうしゃを採用しようと思うのですがまもるのメリットや具体例があればコメントやTwitter @poke_kidd などで教えていただけると嬉しいです。(パーティによるのはわかります)